トップページ > 会社案内 > 社長挨拶

    カット野菜


昭和元年、島田青果の前身「大竹商店」は東京都品川区に青果の小売店として創業しました。それから70年、地域の皆様に愛される八百屋として信頼をいただき、培った知識を元に卸売業を手がけるようになりました。これもひとえにお客様、取引先の皆さまのご支援・ご協力のおかげと心より感謝しております。また、支え続けてくれた社員、家族、とりわけ妻への感謝は、とても言葉では表しきれません。

日々「誠実」をモットーに新鮮な野菜をお客様にお届けしています。人間と同じくふたつとして同じものの存在しない野菜や果物を、できるかぎり一つひとつ手に取って、五感のすべてをつかって吟味し、お客様にお届けするように心がけています。
そして、いつの時代もお客様が喜んでくださるにはどうしたら良いかを愚直に考え、背伸びをせず、地に足のついた商売を心がけてきました。おかげで、ほとんどのお客様と紹介でお取引を始めさせていただいています。

新たなニーズにお応えすべく、さまざまなチャレンジもしてきました。今では弊社の主力商品となっているカット野菜も、カット技術の研究・開発から工房の設置までを自社で手がけ、鮮度、品質、コストのバランスにこだわって商品を提供しています。

今後も、ただ注文した品物が届くというだけでなく、品物とサービスに満足し「島田青果から買って良かったな」と思っていただけるよう、社員一同力を合わせて頑張りますので、島田青果の更なる飛躍を見守って頂きますようお願いいたします。


株式会社島田青果
代表取締役 島田保雄

 



 

 

 

このページのトップへ

 

 

 

トップページ トピックス 業務用卸 カット野菜 BLOG・コラム 地域貢献
会社概要・沿革
社長挨拶
Message from 営業担当
お問い合わせ
コラボレーション企画 ご注文方法
FAQ
お客様の声
取扱い商品
ご注文方法
FAQ
お客様の声
島田保雄の品川今昔物語
店長のオススメ野菜ブログ
野菜ソムリエ食育ブログ
夕市
食育活動
中延JAZZフェスティバル
お問い合わせフォーム