トップページ > カット野菜 > FAQ



カット野菜の 賞味期限はありますか?



 

商品パッケージに、賞味期限を記載しておりますので、冷蔵保存のうえ、期限内にご利用・お召しあがりください。
ただし、野菜は収穫したときから鮮度が失われはじめ、カットすることでさらに劣化が進みます。
島田青果ではこだわりの処理工程で、カット野菜の変色、鮮度低下を極力遅らせる努力をしております。
入荷した野菜の鮮度保持のために、カット処理中や配送中も一定の温度に保つようにしておりますが、 できるだけ早いご利用をおすすめいたします。




カット野菜は高い というイメージがありますが・・・。



 

島田青果のカット野菜はすぐ使える状態で調理場までお持ちします。
例えば、1個100円のキャベツと同じ重量分のカットキャベツを作ろうとしたら、 2個から3個(200~300円)使います。
でも、1玉のキャベツから外の葉や芯の部分を除くと、実質的に使用できるのは6割程度。さらに、カットする手間、水洗いの手間と水道代、廃棄ロス、保管スペース等々、さまざまな経費・人件費も計算に入れると・・・。カット野菜は高いどころか、コスト削減に大きく寄与することがお分かりいただけると思います。




カット野菜の価格は変動しますか?



 

残念ながら、野菜相場にそって変動します。ただ、出来るかぎり変動を抑えるよう努力しております。1か月という期間で価格を決めたうえでのお取り引きもいたします。




有機JAS野菜は使わないのですか?



 

ご希望で業務用の一部で有機野菜などを使用することもありますが、安定的に量を確保する必要や価格的な問題から、多くは市場流通の野菜を使用しています。
これらは農薬は使っていますが、農薬取締法に基づいて正しく使用しており、 国が安全を保証している野菜です。


このページのトップへ

 

 

 

トップページ トピックス 業務用卸 カット野菜 BLOG・コラム 地域貢献
会社概要・沿革
社長挨拶
Message from 営業担当
お問い合わせ
コラボレーション企画 ご注文方法
FAQ
お客様の声
取扱い商品
ご注文方法
FAQ
お客様の声
島田保雄の品川今昔物語
店長のオススメ野菜ブログ
野菜ソムリエ食育ブログ
夕市
食育活動
中延JAZZフェスティバル
お問い合わせフォーム