トップページ  >  島田保雄の品川今昔物語

   

    #01 「島田青果の前進、大竹商店のこと」

 

当社の前進は「大竹商店」といい、昭和元年4月に青果の小売店として私の祖父が創業しました。
当時は、大八車に竹の籠を積んで蛇窪(現在でいう二葉町の東光寺あたり)の市場に仕入れに行っていたようです。ほかにも大崎の居木橋あたりにも市場があったと聞いています。

仕入れた品物は、大八車に乗せて店まで運びましたが、現在のように道路が舗装されていたわけでもなく、でこぼこ道を祖母に後ろから押してもらいながらの運搬でかなり大変だったようです。

昭和のはじめ、大井町や五反田のあたりには商店街のようなものがありましたが、祖父の住んでいた大崎・芳水小学校の周りは、空き地や田畑だらけ。軒先に商品を並べていても売れるわけもなく、店番を祖母にまかせて週何回かは近くの工場に働きに出ていたようです。

私の父は、祖父が若くして他界したため、祖母によって田舎(埼玉の栗橋)から働き手として連れてこられたのです。

その後、母と結婚して八百屋を本格的に始めるわけですが、戦時中のことで色々と苦労が絶えなかったときいています。

 

 

 

 

#02 「スーパーの台頭を予測していた父」

 

私の父は、私が19歳の時に他界してしまいました。とても頭の良い人で、生前よく「これからの時代、日本も必ず欧米式のワンストップショッピングの時代になるよ」と言っていました。それは、そのころあちこちにでき始めたスーパーマーケットの台頭を暗示するものだったのです。

当時、商店街はどこも活気があって賑わっていました。荏原中延駅を中心とした半径200メートルのなかに、なんと28店舗もの八百屋がひしめきあうという有様でしたが、それぞれなんとかやっていっていましたから、今から考えるとすごいものがありましたね。

でも、時代の変化が確実にそこまできていると考えたひとは、当時はまだ少なかったのです。
やがて、それは現実のものになりました。商店街がある程度もちこたえられたのは、昭和50年代のバブル時代までで、60年代から年号が平成に代わる頃になると、ますますスーパーは力をつけてきたのです。

 

 

 

 

 

#03 「島田青果に入社した当時のこと」

 

昭和46年、私は、島田青果に入りました。その当時、当社はまだ純粋な八百屋さんでした。 
私は正直なところ、この八百屋という仕事がいやでいやで仕方がなかったのです。本当は、好きな英語を駆使してアメリカでも行って活躍したいと思っていたのです。父も、私にこの仕事を継がせようとは考えていませんでした。

しかし、父が亡くなったあと、大学を辞めてすぐ商売を継げという話になった時は、母の「お前の好きにしていいんだよ」という言葉に逆に背中をおされたような格好でこの世界に入ってしまいました。 当時、市場は五反田にあった荏原市場、仲卸もなくすべて取引は競売でした。

まず、「符丁(ふちょう)」を覚えなくてはなりません。知らないと皆に馬鹿にされるからです。そして競売です。ほしいものを競り落とさなければ、売る商品が手に入らないので、それは必死でした。でも新参者のわたしに周囲はやさしく、せりが不調であぶれても品物をわけてくれました。古くからいた従業員にも助けられ、八百屋の一歩をふみだしたわけです。

 

 

 

 

 

 

#04 「学校給食への本格参入」

 

なんとか周囲の皆さんに助けられ一年ほどやってみました。当時、まだ八百屋は元気でした。仕入れてくるものなんでも売れてしまうのですから・・・。

当社では、店売り以外にも「納め」もやっていました。納めといっても近所の飲食店が買いに来て、それを配達するといった極々単純なものがほとんどだったので、唯一、納めと呼べるのは、地元の延山小学校の給食くらいでした。延山小には昭和25年の給食開始以来ずっと納品していたので、特に関心はありませんでした。

先の見えないこの商売にいつも不安を感じながら迎えた2年目、延山小の栄養士さんから、伊藤小学校を紹介していただきました。そして、これが大きな転機になりました。これ以後、次から次へと納品依頼がとびこんできたのです。

学校給食に納品していた当時の業者(八百屋)は、比較的、店売りに力をいれていなかったり、給食専門の業者(大口消費組合)が牛耳っておりました。しかし、これらの業者には色々と問題もあったようで、代わりの業者を探している学校もありましたが、当時から学校給食の納品は地元からという制約もあり、思うようにはいかなったようです。加えて店売りが忙しくて、なかなか細かく手間のかかる納めの仕事は、どこの業者も手を出したがりませんでした。

そんな中、私は依頼があればどんどん仕事を引き受けていきました。気がつけば15年間で40の学校と取引できるまでになっていました。

 

 


 

このページのトップへ

 

 

 

トップページ トピックス 業務用卸 カット野菜 BLOG・コラム 地域貢献
会社概要・沿革
社長挨拶
Message from 営業担当
お問い合わせ
コラボレーション企画 ご注文方法
FAQ
お客様の声
取扱い商品
ご注文方法
FAQ
お客様の声
島田保雄の品川今昔物語
店長のオススメ野菜ブログ
野菜ソムリエ食育ブログ
夕市
食育活動
中延JAZZフェスティバル
お問い合わせフォーム